腸内環境を整える短鎖脂肪酸

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

近年、腸内環境が、健康を左右されるとまで言われています。

老化だけでなく、腸内環境の悪化は、万病の元でもあります。

そんな腸内環境、便通、過敏性腸症候群など優れた効用をもたらすのが、「短鎖脂肪酸」です。

短鎖脂肪酸とは、腸内細菌が作る、酪酸、プロピオン酸、酢酸などの有機酸のことです。

一部の腸内細菌が産生する物質「短鎖脂肪酸」は腸内を弱酸性に保ち、有害な菌の増殖を抑制したり、肥満予防や腸の炎症予防、免疫機能の調整など、様々な健康効果があることで注目されています。

そして、短鎖脂肪酸は大腸の粘膜細胞のエネルギー源であり、大腸の粘膜にあるセンサーを刺激して腸管の蠕動運動を促進します。大腸の粘膜は血管から供給されるエネルギーよりも、腸管腔から供給される短鎖脂肪酸のエネルギーに依存していることが分かっています。

また、小腸や大腸の上皮細胞の増殖を促すことも報告されています。

腸内で産生される主な短鎖脂肪酸の酪酸、酢酸、プロピオン酸と、短鎖脂肪酸を産生する菌である酪酸菌、ビフィズス菌と、そのエサとなるオリゴ糖や食物繊維が腸内環境を整えてくれるのです。

そう、腸を整えるなら複合摂取(シンバイオティクス)が大事なのです。

シンバイオティクスとはプロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取することです。すなわち、腸に有用である菌を直接届ける補菌食材(プロバイオティクス)と、有用な菌のエサとなり自分の腸内細菌を育てる育菌食材(プレバイオティクス)を組み合わせて摂ることです。

プロバイオティクスを含む食材だけを摂っても、その有用な菌は腸には定着せず、自分の腸内細菌自体を増やすことには繋がりにくいことがわかっています。プレバイオティクスであるエサを与えることで、自分に合った腸内細菌が腸の中で育ち良い影響を及ぼしてくれるのです。

ですので、腸内環境改善にとヨーグルトだけをとっていても、効果が期待出来ないのは、そのためなのです。

そこで、お勧めなのが、リフィーラスです。

このシンバイオティックスのトリプルの効果と、今若返りの物質として注目されているNMNが、同時に取れる優れものです。

腸内環境を整えて、NMNの効果も高まるのではと期待大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。