自然とともに生きる大切さ

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

本日スポーツの日(体育の日)は、例年、晴天に恵まれる確率が高いと言われることもあり、爽やかに晴れわたっております。

ちなみに、昨日もとても天候が良かったので、少し暑い日差しの中、野生のクマさんたちの食料になるドングリ集めのお手伝いに参加させて頂きました。

今、世界各国では、野生動物たちが人里に出没することで、いろいろな問題が発生しています。

私たち人間にとっては、作物を荒らされたり、怪我などの被害に遭うなどの危険性もありますが、大切な動物たちの命を奪うことで、生態系を崩すことにもなってしまっているのです。

なぜ、昔はあまり人里には近付かなかった野生の生き物たちが、最近になって頻繁に出没するようになったのでしょうか?

それは、彼らの住処である山に、食料が乏しくなってしまったからなのです。

世界の情勢から見ますと、私たちの食料である穀物、野菜や果物などの食物を、多く手早く育てるために化学肥料や農薬を多用することで、土壌が枯れて作物が育たなくなってしまった場所が、近年かなり増加して来ています。

そのことにより、新たなる農耕地開発で、森林伐採を必要以上に行っていると言われています。

次に私たちの日本に目を向けると、不要となり再利用されない空き家(土地)が激増している反面、新たなる住宅などの建設のため、土地開発という名の下に山林の乱伐採・乱開拓が繰り返されております。

その結果、野生の動物たちは住処である山を追われるだけでなく、豊富にあった彼らの食料を奪われることになってしまっているのです。

もちろん、被害に遭われた方々には、心からのお見舞いの気持ちをお届けさせて頂きたいと思います。

しかし、このような状況を作ってしまったのは、やはり私たち人間であることを、今一度考えることも大切なのではとも思います。

そして、人間だけでなく、あらゆる生命が、共生共存していける環境に戻していくことが出来るのは、私たち人間しかいないのです。

一部の利権や利益のことだけを考えるのではなく、私たち一人一人が、今置かれていることを他人事ではなく、しっかりと自然の中の一員としての認識を持つことが大切なのではないかと考えます。

そして、地球や数々の生命を守ることは、私たちの心身の健康や豊かさにも繋がることにもなるのです。

そんな思いの輪を繋げて行けたらと、私たちHeartful Placeは、いつも願っております。

☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。