あなたのその症状はミネラル不足かも

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

穏やかな晴天が続いたかと思いきや、一転して嵐のような雨風ともなるような毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

こうやって季節が、だんだんと移ろいでいくのでしょうね。

さて、最近なぜかイライラするとか、集中力がなく、疲れやすいと感じられる方はいらっしゃいますでしょうか?

特にこのような季節の変わり目は、身体の機能の調節が効かなくなってしまいます。

そんな身体の調子を整える潤滑油のような働きをしているのが、みなさまご存知のミネラルなのです。

ミネラルは、タンパク質、脂質、炭水化物の分解や合成を助け、基礎代謝、新陳代謝、エネルギー代謝を促し、体の機能や組織を調節・強化し、心身のバランスを正常に保つ役割をしています。

細胞の浸透圧や水分量、体液量、酸性とアルカリ性などを調整する働きもします。

ミネラルが不足すると、この働きがうまく行われず、身体にさまざまな不調が起こってくるのです。

元々ミネラルは、身体内で作ることが出来ないため、そのほとんどは食事によって摂取します。

しかし、本来はミネラルが豊富であったお野菜自体も、農薬や化学肥料を多用することにより土壌が枯れて、最近のお野菜に含まれるミネラル含有量は、50年前の二分の一から三分の一になってしまっていると言われています。

それだけではなく、私たちが毎日口にするもののほとんどに、添加物が配合・混入されています。

その添加物により、せっかく摂取したミネラルが身体に吸収されずに、体外に排出されたりすることも多く起こっているのです。

そして、私たちに必要なミネラルは、約30種類ほどだと言われています。

ミネラルはバランス良く摂取しないと、リービッヒの法則により、足りていないミネラル部分から排出されてしまうので、結局はミネラル不足は根本的に解消されないのです。

リービッヒの法則です。

その上、ミネラルは相乗作用で効果を発揮しますので、例えば、貧血の場合、鉄分だけを補っても銅やコバルトなどが不足していると、効果が十分に発揮出来ないと言われています。

そんな中、私たち日本人は、「食」に関してとても恵まれた民族でもありますので、大半の方々は、簡単に美味しいものを手に入れることができる反面、その「食」が、どれだけ私たちの健康を害しているかということに関心を持たれる方は、意外とそんなに多くはないのではと感じます。

実は、私も無知であった一人で、どちらかというと「食」に関しては、少しでも家族の健康を考えたものと思い、手作りにこだわっていたつもりでしたが、結局安心安全と信じていた食材自体に問題があることに最近では、学び、気付きました。

今までは、日本は安心、安全な国だと信じていたため、散布されている農薬や化学肥料や食品添加物に関しても基準を満たしていれば大丈夫だと思っておりました。

しかし、私自身も大腸癌を患った経験を持ち、家族も鬱や発達障がいと診断されたりしました。

多分、現在私たちだけでなく多くの方が、成人病などの疾病や精神障がいとして悩まれておられるのではないかと思われます。

ミネラルは、こういった疾病などの予防にも大変大きな役割を果たしてくれるだけでなく、農薬や化学物質、身体に害を及ぼす、菌やウィルスの浄化作用もあるとされています。

そんな大切で、私たちの健康に不可欠なミネラルを、誰もが簡単に取り入れるのには、お水が一番だと思います。

毎日飲むお水をミネラル水に替えるだけで、そして、お野菜やお肉、お魚などの食材を調理前にこのミネラル水に浸すだけで、あなたやご家族の健康を大きく守れます。

そして、この調理前の下準備に使用し終えたミネラルたっぷりのお水を、植木にあげたり、各家庭の排水溝から流すことで、河川や海、田畑などの土壌もミネラルにより徐々に浄化され、いずれ肥沃で豊かなものへと変化して行くことでしょう。

また、余談ではありますが、ライフエッセンス(イオン化ミネラル原液)は、通常300分の1に希釈することにより前述のミネラル水になるのですが、実はその濃度を20倍に濃くしたものをイオン化ミネラルのサプリ水として、安全にかつ急速に、不安定となっている体内の各部・各組織の改善に役立てることもできるのです。

この件に関しての詳しい情報は、またの機会にご報告させて頂きたいと思います。

(過去のブログでも、関連する内容をご紹介しておりますので、そちらの方も宜しければご覧下さい。)

私たちの身体だけではなく、地球も健康になる、正にミネラルは救世主のような存在ではないでしょうか。

あなたのその症状はミネラル不足かも”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。