若返りだけではないNMN?!

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

今日は、NMMの可能性について再度お話しをさせて頂きます。

NMNは、若返りの物質として最近メディアでもかなり話題になって来ています。

そもそも、若返りには、サーチュイン遺伝子が関係していると研究で、わかってきたそうです。

その、サーチュイン遺伝子とは長寿遺伝子とも抗老化遺伝子とも呼ばれ、その遺伝子が活性化される事により寿命が延び、アンチエイジングに役立つとされる身体にとって最強の遺伝子なのです。

その、サーチュイン遺伝子のスイッチとなるのが、NMNなんです。

しかし、NMNが持つ可能性は、単純な抗加齢効果、すなわち若返りだけではないと言われています。

NMNがミトコンドリア活性化をもたらす過程で、様々な恩恵が私たちの体内で出現します。

例えば、脳機能と神経伝達回路の改善。

NMNは脳視床下部、下垂体にも作用し神経伝達回路の改善にも効果が発見される可能性があります。

加齢や慢性炎症により劣化する神経伝達回路が改善され、伝達経路の阻害されていた部分がスムーズになる作用があると言われています。

神経回路の改善により痴呆、うつ病、アルツハイマー症候群、パーキンソン病などの疾病の改善や治癒の可能性があります。

また、脳の視床下部、下垂体への作用により各臓器が健全に活動し始め、脳を介さずに臓器同士が会話するシグナル物質の分泌が高まり、身体全体のバランスを整える作用もあるとも考えられています。

マウスでの実験では、糖尿病などにも効果があったと言われていますので、私たちが抱える現代病にもとても期待が持てる優れた物質ではと思います。

人生100年時代、健康寿命として、たくさんの方々が生き生きと楽しく暮らしていくことが出来れば嬉しいですよね。

ちなみに私は、クラウドナインのリフィーラスで、その効果を体験中です。

お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ、お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

豊かな実りを頂く

次の記事

今に全集中する