地球温暖化と異常気象

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

私の住む関西圏では、昨日に続き、台風を思わせる位の激しい雨風の天候でした。

そして、ここ数年に渡って、異常なくらいの大雨であったり大型の台風であったりで、川の氾濫や土砂災害で、被害を被られた方が、多くいらっしゃいます。

日本だけではなく、世界中でこの異常気象が続いています。

この原因の一つは、地球温暖化であると言われています。

地球温暖化の原因は、人間活動による温室効果ガスの増加である可能性が高いのです。

18世紀半ばの産業革命の始まり以降、人間活動による化石燃料の使用や森林の減少などにより、大気中の温室効果ガスの濃度が急速に増加し、これによって大気の温室効果が強まったことが原因とされています。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書によると、温室効果ガス別の地球温暖化へ与える影響として、二酸化炭素76.0%、メタン16.0%と、この2つで92%を占めています。

そのほか、一酸化二窒素やオゾン層破壊物質でもあるフロン類(CFCs、HCFCs)なども温室効果ガスに含まれます。

つまり、石油や石炭など化石燃料の燃焼によって排出される二酸化炭素が、最大の温暖化の原因と言えるのです。

大気中の二酸化炭素濃度は、1750年には280ppm(パーツ・パー・ミリオン)だったものが、2013年には400ppmとなり現在も年々増え続けています。

またIPCCでは大気中の二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素は過去において前例のない水準まで増加していると報告されているのです。

長年、私たちは、生活の利便性を求めることで、自然界のバランスを崩していくことになってしまったのではと思います。

これも、一部の企業や大富豪達によって、石油などの資源の利権を巡っていろいろと取り沙汰されています。

大気を汚染することなく、しかも、安価で安全に電気などのエネルギーを発動可能なフリーエネルギーが、ニコラ・テスラによって実現可能なまでになっていたのにも関わらず、未だ実現していません。

石油や原子力などに頼らず、太陽光など、自然のエネルギーを利用することが、地球温暖化や環境破壊を食い止め、このような自然災害から私たちの生活を守る大きな鍵ではないかと思います。

そして、森林破壊など、生態系を崩すことを食い止めるなど、私たち一人一人の意識を変えていくことも大切なのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。