酸性雨がもたらすこと

いつもご覧頂きまして、ありがとございます。

大雨に見舞われた地域もたくさんおありだったことと思います。

それでも、そんな雨は、恵の雨でもあります。

植物や私たち人間も含む動物にとっても、とても大切な資源です。

しかし、この恵みの雨が私たちの生活を脅かすものにもなり得ます。

勿論、水害などの災害もそうですが、酸性雨もその一つになります。

1970年代に化学の発展により、私たちの生活の利便性をもたらすものがたくさん売られてきました。

自動車であったり、家電、いろいろなものが私たちの生活を支えてきました。

しかし、その代償は、大気汚染という形で、私たちの健康を脅かすものにもなりました。

その一つが、酸性雨です。

今では、忘れさられているワードの一つですが、実は、解消はされていないということをご存知でしょうか?

まず、酸性雨について、ウィキべディアから抜粋しましたのでご覧下さい。

「 酸性雨(さんせいう、:Acid rain)とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性のことを指す[1]。酸性のは酸性雪(さんせいせつ)、酸性のは酸性霧(さんせいむ)と呼ばれる。

狭義にはpH 5.6以下の雨のことを酸性雨と呼ぶが、広くはこれに雪、霧や粉じん、ガス状物質などを含め、地表を酸性にする上空からの酸性降下現象をまとめて含めて考える。雨や雪、霧などの湿性降下物と、粉じんやガス状物質の乾性降下物を合わせて酸性降下物と呼ぶ

今、PM2.5の問題が多く取り沙汰されていると思います。

晴れた日にはその有害物質が風とともに空気中に含まれているわけですが、それが、降雨時には、酸性雨となって、私たちの住む地域、日本全体の河川や土壌に降り注ぎ、汚染していっているということに繋がるのです。

その酸性雨のもたらす被害ですが、以下の通りとなります。

1、土壌や河川などの生態系を崩す。

  土壌や河川が酸性化することで、微生物がバランスを崩すことにより、植物や生物が育たなくなってしまいます。

2、地盤沈下や地滑り災害

  土壌の下には硬い岩盤がありますが、酸性雨によってその岩盤が、侵食することで、地盤が緩くなってしまいます。

この酸性雨で、直接的に私たちの身体にさほど影響のないように思いますが、いつの間にか森の木々の多くが枯れていた、昔はたくさんいた水辺の生き物がいなくなった、強固だと思っていた地盤が緩んでいた、というようなことが起こるかもしれません。急激で直接的な被害はなくとも、「酸性雨」の影響は時間をおいて現れることを認識する必要があると思います。

それだけではなく、目に見えない有害物質が、土壌や河川を汚染していることも鑑みてこの汚染された土壌や河川を如何に戻していくかも問われているように思います。

そんなことを解決してくれるのが、有害物質除去の可能性があると言われているミネラルではと考えています。

ですので、家庭で使うお水をミネラルをたっぷり含んだお水に変えるだけで、私たちの身体だけではなく、河川や土壌にも良い循環を生んで行くのではと思っております。

そんな家庭でも簡単にとの入れ可能なミネラルたっぷりのお水について、ご興味がおありでしたら、下記のお問い合わせよりお気軽にご連絡を下さい。

    *お名前(必須)

    *メールアドレス(必須)

    *お問い合わせ内容(必須)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。