発達障害の救世主

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

今や社会問題にもなっており、ご本人は勿論、ご家族の方々も大きな悩みとして抱えておられる発達障害についてお話しをさせて頂きます。

発達障害の人たちには、脳の神経のつながりに弱い部分があることで、多くの情報を処理出来ず混乱を起こしてしまいます。

主なものとしては、自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の3つがあります。

どちらにしても、脳の神経伝達が上手く出来ない状態が原因と言われています。

そこで、神経伝達物質やホルモンはミネラル補給で自在に作れると言うことをお聞きなられたことはないでしょうか?

そう、ミネラルを摂取することで、発達障害に有効的な効果があるそうです。

ある専門家は、

「この障害は神経伝達に問題があって、そこが治った可能性が高い」「神経伝達物質を作る酵素にミネラルが関与している」「ミネラルが不足すると、酵素が十分に働かなくなって、神経伝達物質が必要なだけ作られない」と、解説しました。

そして、

ミネラルは、体の機能を調節する栄養素。心身を調節できなくなるのが発達障害なので、ミネラルが不足すると発達障害の症状が出るのは当然のこと。

ミネラルがあると、酵素は神経伝達物質やホルモンを1000倍から最大100億倍、多く作れると言われいます。

そう、感情をコントロールする各種のホルモンを100万倍も多く作れると、瞬時に必要なだけ作れて、さまざまな局面で対応能力が上がり、困ることが少なくなります。

このような見解から、発達障害はミネラル不足で起こるとも言われていますし、逆にそこを解消すれば、症状を改善出来るということに繋がるのではと思うのです。

そんなミネラルは、発達障害などの救世主になるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。