イライラは腸内環境を整えれば改善出来るって本当?

便秘やお腹の調子が、芳しくない時は、なぜか気分もイライラしたり、落ち着かないということを経験されたことはありませんでしょうか?

実は、近年、乳酸菌を摂取することで、「腸」にあるGABA受容体が刺激を受け、その刺激が「脳」と「腸」をつなぐ中枢神経を伝って「脳」に届き、脳内での「GABA」の生産を促すことが分かったそうです。

また、全体の約90%が腸で作られているとされる「セロトニン」。

このセロトニンは、心の安定剤的な役割を果たします。

ストレスなどの影響で自律神経が乱れてしまうと、優位になるのは「交感神経」です。

ところが、腸の蠕動(ぜんどう)運動を支配しているのは「副交感神経」といわれています。

心に負荷を感じることで、自分自身でも気づかないうちに「交感神経」が優位となると、腸の動きが鈍くなり、便秘や下痢などのあらゆる腸内トラブルを引き起こしてしまいます。

このように腸内環境が悪化することで、更にセロトニンが作られないようになるという悪循環を生むのです。

腸は、第二の脳と言われてます。

乳酸菌で、腸内環境を整えてあげることで、ストレスの緩和や便秘改善などに繋がるのではと思います。

乳酸菌を取り込む方法はたくさんあります。

そこで、より効果的に取り込む方法の一つをご紹介したいと思います。

善玉菌である乳酸菌・ビフィズス菌を取り込む「プロバイオティクス」、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を取り込む「プレバイオティクス」、そして善玉菌が作り出す健康サポート物質(乳酸菌生産物質)を直接体に取り込む「バイオジェニックス」、これら3つの乳酸菌作用メカニズムを組み合わせた「トリプル・シンバイオティクス®」を乳酸菌発酵原料として使用することで、より、腸内環境を整えることが可能になります。

もし、ご興味などございましたら、お気軽に下記コメント欄、もしくは、お問い合わせ欄よりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

有機農法の落とし穴