生命の期間と循環

満開の桜が、すごい勢いで散っていきます。

あっという間に、地面に溜まった桜の花びらたち。

そして、花から緑色の葉になり、その葉も散って冬になり、また、春になるとたくさんの花を咲かせます。

こんな自然界では、当たり前のように循環していきます。

そして、私たちの身体も同様です。

私たちは、約37兆個と言われる細胞が、死んでは再生するという繰返しを自然と行なっています。

しかし、外的要因、食べ物や環境などで、その細胞が正常に再生されなかったりして、病へと発展していきます。

それと、老化もそうですね。

老化は、仕方ないことだ思っていないでしょうか?

私もそう思ってました。

でも、前者のように病に発展する要因が細胞の循環が阻止されてると考えるのなら、老化も病と同じであると思うのです。

この、老化は病であると言うことは、単なるホラではなく、近年、ハーバード大学医学大学院教授デビッド・A・シンクレア(David A. Sinclair)教授が、立証しております。

そして、その命の期間をNMNという物質で変えられると実証されています。

そんなことを少しずつお伝え出来ればと思っております。

ご興味のある方は、下記コメント欄かお問合せよりお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。