痩せ菌を増やす方法

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

さて、ダイエットは、私たち人間のあくなき戦いの一つでもあります。

特に、年齢が経つにつれて、昔に比べて食べていないのに、なぜか太ってしまう、もしくは、水を飲んでも太る、といった経験はおありでしょうか?

もちろん、年齢がいくと代謝も落ちてしまうのですが、私たちの腸内環境を変えることで、代謝改善や余分な脂肪燃焼を助けてくれることがあります。

実は、腸内には、俗に言う痩せ菌とデブ菌が存在します。

成人の腸内細菌は痩せ菌と言われる「バクテロイデス門」と、デブ菌と言われる「フィルミクテス門」の二つの種類が優勢となっています。

バクテロイデス門というのは、善玉菌を好む日和見菌といわれています。

フィルミクテス門というのは、発酵食品に含まれている菌や皮膚に常在している菌、土壌菌などです。

小腸は全身の細胞に必要な栄養素のほとんどを吸収します。

大腸は液体の残りものから水分を吸収し、固形の大便をつくる場所です。

腸内細菌は、食べ物を分解するときにさまざまな物質を排出します。

バクテロイデス門の細菌が食べ物を分解すると排出される短鎖脂肪酸は、腸から吸収されて血液を通じて全身に届けられます。

この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みが止まり、肥満を防いでくれるのです。

逆にフィルミクテス門の細菌は食事から取り込むエネルギー量が多く、そのため肥満に結びつきやすいといわれています。

デブ菌の「フィルミクテス門」は、その大腸の残りカスからも過剰に栄養を吸収して太らせます。

その上、腸内に脂肪や糖質が多いとデブ菌が勢力を増しデブ腸になり、食べる量は少なくても栄養を吸収するため太りやすく、増殖すると怖い病気に進行する恐れもあります。

もう一方の痩せ菌、「バクテロイデス門」は、食物繊維を発酵させる際に脂肪をため込ませない物質・短鎖脂肪酸を産生します。

痩せ菌が増えると、短鎖脂肪酸が増殖した痩せ腸になります。短鎖脂肪酸が全身に運ばれると、脂肪の燃焼を助けて、痩せるだけでなく健康的な体にも近づけるのです。

肥満の人ではフィルミクテス門の細菌が多く、バクテロイデス門の細菌が少ないことが明らかにされているのです。

このように、痩せるか太るかが左右される腸内細菌が存在するのです。

そこで、痩せ腸を作るために、短鎖脂肪酸を産生していくことが鍵になります。

そこで、おすすめさせて頂きたいのが、リフィーラス(Refeelas)です。

リフィーラス(Refeelas)は、オーガニックの大豆から取った大豆発酵物を利用しています。

Refeelasの大豆発酵物に含まれているのは、乳酸菌やビフィズス菌だけではありません。「アミノ酸」、「短鎖脂肪酸」、「ビタミン」、「ポリフェノール」、「核酸」をはじめとする517種類もの成分を含有しています。

それは添加された成分ではなく、原料の開発技術によるもので、厳選された21種・21株の乳酸菌・ビフィズス菌を、共棲培養という特殊な培養法により発酵させることで生み出された成分なのです

しかも、Refeelasは、善玉菌である乳酸菌・ビフィズス菌を取り込む「プロバイオティクス」、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を取り込む「プレバイオティクス」、そして善玉菌が作り出す健康サポート物質(乳酸菌生産物質)を直接体に取り込む「バイオジェニックス」、これら3つの乳酸菌作用メカニズムを組み合わせた「トリプル・シンバイオティクス®」を乳酸菌発酵原料として使用しています。

大豆を材料として発酵させた安心出来る材料で作られ、腸内環境を最善の形で整えるリフィーラスは、とても理にかなったサプリではないかと思います。

お問い合わせ等は、下記フォームからお気軽にどうぞ。

    *お名前(必須)

    *メールアドレス(必須)

    *お問い合わせ内容(必須)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。