腸内フローラはバランスが大事

いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。

先日、無事、ツバメさん親子の旅立ちを見送ることが出来ました。

そして、また新たなるツバメさん夫婦が、物件探しに訪れております。

気に入ってくれると嬉しいのですが・・・。

さて、私たちの身体にとって健康や精神的にも要になる腸ですが、その腸内フローラは、バランスがとても大切になるのです。

腸内フローラには、「善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7」という理想のバランスがあります。

日和見菌は腸内細菌の7割を占め、善玉菌が優勢な状態であれば善玉菌につき、腸内で発酵活動を行います。

一方で、腸内で悪玉菌が優勢となれば、悪玉菌になびいてしまい、腐敗活動を行います。腸内を酸性に維持するためには、腸内環境をコントロールして、日和見菌を善玉菌の味方につける事が必要です。

しかしながら、加齢などによって、腸内フローラのバランスが変わっていきます。

この争いは出生時から始まり、離乳期、青年期、老年期と、経年的にその様相は変化しています。

例えば、乳児期には100億個以上あったビフィズス菌(善玉菌)は、老年期となる50~60歳ごろには100分の1、1億個ほどに激減しているのです。

一般的に言われている善玉菌と悪玉菌の違いは、善玉菌は腸の中で発酵活動を行いますが、一方の悪玉菌は腐敗活動を行います。

善玉菌は、糖分や食物繊維を食べて発酵させ、乳酸や酢酸などを作り出し、腸内を弱酸性に保ちます。腸内が酸性に傾くと、悪玉菌は増殖ができなくなり、毒性物質が作られなくなります。また、外から入ってくる悪玉菌のほとんどはアルカリ性の環境を好むため、仮に腸内に入って来たとしても、酸性の環境を維持していれば、悪玉菌は減少していきます。

しかし、悪玉菌には悪いイメージがありますが、私たちの身体に大切な働きをしてくれる必要不可欠な存在です。

その働きは、肉類などのタンパク質を分解して、便として処理排泄するという、動物にとってなくてはならないものです。

そうなのです、私たちの腸内環境は、バランスが大事ということなのです。

特に欧米化した脂質や糖質が多い高カロリーな食生活に傾きがちであり、加齢と共に減り続ける善玉菌を出来るだけ増やすように心がけることが大切なのでは思います。

そのお手伝いの出来るサプリがリフィーラスです。

リフィーラスは、善玉菌である乳酸菌・ビフィズス菌を取り込む「プロバイオティクス」、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を取り込む「プレバイオティクス」、そして善玉菌が作り出す健康サポート物質(乳酸菌生産物質)を直接体に取り込む「バイオジェニックス」、これら3つの乳酸菌作用メカニズムを組み合わせた「トリプル・シンバイオティクス®」を乳酸菌発酵原料として使用しています。

食事では中々な補えない乳酸菌や食物繊維を腸内で取り込み、善玉菌を増やしてしまうという、とても画期的で、理にかなったサプリだと思います。

腸内環境を整えて、いつまでも健康で、自分らしく生きることが出来れば、嬉しいですね。

もし、購入されたいと思われた方は、下記のお問い合わせ欄より会員価格で、購入可能な方法をお伝えさせて頂きますので、お気軽にご連絡下さい。

    *お名前(必須)

    *メールアドレス(必須)

    *お問い合わせ内容(必須)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。