新しい時代と共に若々しくある方法

新年、あけましておめでとうございます。

旧年中は、たくさんの方々にご覧頂き、そして、素敵なご縁を頂きましたことに心より感謝致します。

これからも環境改善と、身心の美と健康をテーマにして、この場をお借りして発信していきたいと考えております。

そして、一人でも多くの方が、健康で幸せであること、そんな輪を広げていければと、心より願っておりますので、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

さて、2022年、新しい年が明けましたが、皆様は、楽しく元旦を迎えられましたでしょうか?

お仕事とかで、普段に近い生活をされている方も、決して少なくないのではと思います。

一昔前は、元旦といえば、お店もどこも閉まっていて、世の中の時が止まっているような何ともいえない厳かな雰囲気があり、新しい年明けを心から感じたりしておりました。

ところが今は、スマホをポチるだけで家に居ても何でも手に入る時代です。

これからもどんどん世の中は変わっていくのだと思うと、どこか寂しく感じる反面、ある意味楽しみでもあります。

そして、私たち一人一人が、みんなが楽しく暮らせて喜べる世の中に変えていければと願っております。

そのためには、いつまでも身心ともに若々しくありたいものです。

先日、現役で活躍されているドクターからお話をお聞きする機会がありました。

医学大学で講義を受けられる際に、まず、老化の定義について習われたそうです。

その一つが、「老化とは乾燥の過程である」とのことです。

確かに、赤ちゃんのお肌は、むちむち・プリプリと、はち切れんばかりの瑞々しさを感じます。

一方、年齢を重ねると代謝が衰え太りやすくなった割には、お肌は乾燥して、カサカサ・シワシワになっていくのが顕著になります。

その一つの原因が、お肌とともに共存している「美肌菌」といわれるものです。

私たちの腸と同じように善玉菌、悪玉菌、日和見菌がお肌にも存在します。

日和見菌は勢力が強い方の味方になるものです。

ですので、悪玉菌が強くなるとお肌のトラブルの元になってしまうのです。

かといって、悪玉菌がいつも全て悪いわけではなく、要はバランスが大切になります。

その最高最善なバランスを保つのが乳酸菌であり、その乳酸菌と大豆発酵物で造り出した「乳酸菌生産物質」といわれるものです。

この乳酸菌生産物質を直接お肌につけることで、美肌菌を効率よく活性化させるといわれています。

美肌菌が活性化すると、お肌の水分量が増加するといわれています。

すなわち、老化の定義である乾燥から、私たちの肌を改善させてくれるものの一つであるのではないかと思います。

そんな乳酸菌生産物質を取り入れたのが、リフィーラス・オールインワンジェルです。

さらにこれには、今若返りの物質の一つとして話題の「NMN」も配合されています。

一昔前では、思い付かないような発想と進化を感じ、シワやたるみは歳のせいと半ば諦めていたことが、そうではなくなるのではと考えると、これからの未来がとても楽しく思えます。

(全て個人的な見解でありますことを、ご理解いただけるとありがたいです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

元気に毎日を過ごす方法

次の記事

忘れてはいけない出来事